歴史の多い小田原の見どころと行くべき時期!

歴史にグルメに小田原は見どころ満点!

箱根の隣にある小田原は北条家の小田原城が大人気スポットですが、実は二宮尊徳の出身地でもあります。他にも豊臣秀吉は小田原に一夜城を建てたりと、歴史のある城下町です。そんな小田原は各地にその名残があり、小田原城を始め歴史の跡地を巡る人が多くいます。街中では豊臣家で仕えた小西行長の子孫がやっている薬屋や古くからの梅干し屋等もあり、そうした人達と話をするのも旅の楽しみです。もちろん食事においても小田原は早川の海の隣にある為、どれを食べても新鮮です。特にアジは油が乗っていて抜群で、小田原丼として様々な店が提供しています。小田原丼は刺身の他にアジフライもあるので、皆で分け合って食べると美味しいアジを味わい尽くせます。

この時期を逃したらもったいない!

小田原の気候は一年を通し温暖で過ごしやすいのでいつ来ても楽しめますが、より楽しみたいなら押さえておくべき季節は桜の時期と祭りの時期です。まず桜は小田原城の周りを囲む様に桜並木になっているので、桜と城のコラボレーションが楽しめます。桜の時期はお堀でボートに乗る事が出来るので、間近で眺めるとより絶景です。そして祭りは5月の北条五代祭りですが、北条に扮した小田原出身の俳優が馬に乗り小田原を練り歩く後に天狗や大名、姫等に扮した市民が続きます。更に音楽隊や神輿が後ろに続くので、その華やかさたるや北条家全盛期に戻ったかの様な活気です。声をかけると快く一緒に写真を取ってくれる人が多いので、記念に残すと良い思い出になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です