ドライブ旅行が快適になる便利なグッズ

ドリンクの保存に最適な車用の保冷温庫

家族や友人とドライブ旅行に出かける場合、用意していると便利なグッズがあります。例えば車で旅行に出かける人たちに人気があるのが、車用保冷温庫です。ドライブ中には喉が渇いて、飲み物が欲しい時もあります。缶ジュースやペットボトルの飲み物を事前に用意することはできるものの、暑い季節にはドリンクが温まってしまいます。また冬はドリンクが冷えてしまうため、温かく保温する手段が必要です。そのような時に車内に保冷温庫があると、いつでも冷たい飲み物やあるいは温かい飲み物を口にできるため、快適なドライブ旅行が楽しめます。車内用の保冷温庫の製品は一般的に、車に装備されているシガーソケットから電源が確保できるようになってすぐ設置できるのも便利です。

ドライブ旅行時のプライバシー保護や防犯に欠かせない車用カーテン

ドライブ旅行に出かける際には、車用カーテンを用意しておくと大変に便利です。ドライブ旅行中の車内はプライベート空間であるため、できれば外からは覗かれたくないものです。また海や川、プールなどでのアウトドアレジャーでは、車内を更衣室として利用する場面もあります。そのような時、車内を外から隠すためのカーテンがあると安心です。またカーテンは、外からの強い日差しを遮ることもできるため、夏の日焼け予防に役立ちます。同時に車内の温度上昇も和らげられるため、クーラーの空調効率も良くなります。さらに車中泊でドライブ旅行を楽しむ場合には、就寝中に車内を覗かれないようにカーテンがあると防犯やプライバシー保護に効果があります。

はじめてのクルージング旅行で押さえたいポイント

クルージング船内のイベントを楽しもう!

近年人気が急上昇しているクルージング旅行ですが、はじめてのクルージングの場合、楽しみ方がよくわからないこともあるかもしれません。けれどもクルージング旅行は、毎日船内でたくさんのイベントが開催されているので、初心者でも楽しむことが可能です。例えば、イタリアの会社が所有するクルージング船では、毎朝クルージング新聞が発行されます。そこには無料で参加できるアクティビティーが掲載されており、指定の時間に指定された場所に行くだけでヨガや卓球大会といったイベントに参加できます。またアクティビティーだけでなく、デッキでのバーベキューやケーキバイキングなど食事に関するイベントも定期的に開催されているため、飽きることなく楽しく過ごすことができるのです。

寄港地でのツアーも満喫しよう!

日本から出港するクルージング船でも、国内だけでなく台湾や韓国など近隣諸国へ立ち寄る場合があります。寄港地では基本的に自由行動なので、有名な遺産を巡ったり、現地で食べ歩きをしたり、好きなように過ごすことができますが、オプショナルツアーに申し込むこともおすすめです。その理由は、寄港地によっては、観光スポットまで距離があり移動に時間がかかってしまうケースがあるからです。いくつも都市に立ち寄れる点が魅力のクルージング旅行ですが、その分一つ一つの滞在時間は短くなる傾向にあります。また船に戻る時間も厳守する必要があるため、クルージング会社が提供するオプショナルツアーに参加することで、時間を気にせず観光を楽しむことが可能となります。

温泉地は色々な種類があります

良い温泉に入るには?

日本人にとって旅行と温泉は、直接的に結びつくほど密接に関わっています。日本は言わずと知れた温泉大国で、旅の終わりは温泉でゆっくりすることが定番となっています。一口に温泉と言っても様々な種類がありますが、とにかく良い温泉に入りたいと願う人は多いです。その為のポイントは、湯治場に狙いを定めることです。湯治場とは、読んで字の如く湯で病を治す場所なので古くから温泉の質には定評があります。ほとんどの湯治場では、温泉が源泉掛け流しという方式で使われています。源泉掛け流しは、湯口から注がれた温泉を使い捨てていることで、湯が新鮮なのでその分効能も期待できます。中には足下から湯が湧いているケースもあり、とても新鮮です。

温泉に楽しさを求める場合

湯治場は、その温泉の質で全国から人を呼びます。しかし、そこに観光地や歓楽街はほとんどありません。なので、とにかく楽しい温泉旅行を希望する場合は観光温泉地を選ぶ必要があります。とは言っても、ほとんどの温泉地が観光温泉地になります。それなりに規模が大きい温泉地であれば、観光場所や売店などは当たり前のようにあります。近年は人口減少によって温泉地への訪問者数は減少傾向にあるので、各温泉地が催し物に力を注いでいます。気の知れた男性同士の温泉旅行であれば、歓楽街は楽しい夜のお供になります。歓楽街を形成する温泉地は限られていて、別府・雄琴・石和などがあります。このように、温泉旅行でがっかりしない為にも、何を一番に重視するか明確にして行先を決めなければいけません。

関西に行くならここ!旅行に最適のスポット

鹿と触れ合える公園!

関西方面に旅行を企画するのであれば奈良に良い場所があります。奈良にある「奈良公園」という場所は鹿と触れ合える場所になっています。公園内に放し飼いにされている鹿の数は約1100頭にも及びます。売店に売っている鹿せんべいを買って、手に持っていれば自然と鹿が寄ってくるので、動物と触れ合いたい方や鹿が大好きだという方には最適のスポットと言えるでしょう。また奈良公園内にある浮見堂と呼ばれる場所は桜の名所となっており、春は観光客が多く集まるスポットとなっています。鹿がメインとして取り上げられている公園ではありますが、広大な土地を利用している公園なので、子供連れで訪れるのもよいでしょう。普通の公園として利用するのも良し、鹿と楽しむのも良し。二つの楽しみ方ができる公園です。

テーマパークで1日中遊ぼう!

関西方面の旅行で定番として挙げられるのが大阪でしょう。その大阪の中でも「ユニバーサルスタジオジャパン」は旅行を最大限に楽しめるスポットとしても人気が高い場所と言えます。派手な演出や大きな仕掛けを施したアトラクションがあり、アニメや映画とのコラボレーションも行って、工夫をしながら進化を続けるユニバーサルスタジオジャパンは毎度違った楽しみができると評判のテーマパークです。魅力はアトラクションだけではなく、アトラクションに登場したキャラクターのお土産があり、レストランの食事でもキャラクターを生かしたメニューが楽しめるのもポイントです。またユニバーサルスタジオジャパンでは季節に合わせてイベントを行っているので、何度も旅行で訪れたくなるような場所になっているのです。

歴史の多い小田原の見どころと行くべき時期!

歴史にグルメに小田原は見どころ満点!

箱根の隣にある小田原は北条家の小田原城が大人気スポットですが、実は二宮尊徳の出身地でもあります。他にも豊臣秀吉は小田原に一夜城を建てたりと、歴史のある城下町です。そんな小田原は各地にその名残があり、小田原城を始め歴史の跡地を巡る人が多くいます。街中では豊臣家で仕えた小西行長の子孫がやっている薬屋や古くからの梅干し屋等もあり、そうした人達と話をするのも旅の楽しみです。もちろん食事においても小田原は早川の海の隣にある為、どれを食べても新鮮です。特にアジは油が乗っていて抜群で、小田原丼として様々な店が提供しています。小田原丼は刺身の他にアジフライもあるので、皆で分け合って食べると美味しいアジを味わい尽くせます。

この時期を逃したらもったいない!

小田原の気候は一年を通し温暖で過ごしやすいのでいつ来ても楽しめますが、より楽しみたいなら押さえておくべき季節は桜の時期と祭りの時期です。まず桜は小田原城の周りを囲む様に桜並木になっているので、桜と城のコラボレーションが楽しめます。桜の時期はお堀でボートに乗る事が出来るので、間近で眺めるとより絶景です。そして祭りは5月の北条五代祭りですが、北条に扮した小田原出身の俳優が馬に乗り小田原を練り歩く後に天狗や大名、姫等に扮した市民が続きます。更に音楽隊や神輿が後ろに続くので、その華やかさたるや北条家全盛期に戻ったかの様な活気です。声をかけると快く一緒に写真を取ってくれる人が多いので、記念に残すと良い思い出になります。